無農薬野菜とは

食の安全性が叫ばれるなか、自分や家族の体のために無農薬野菜や有機野菜を選ぶ人は増えていると言われています。
無農薬野菜は名称の通り、栽培期間中に農薬を用いずに育てられた野菜のことを言います。
しかし、この無農薬という言葉は農水省が設けたガイドラインでは使用が禁じられています。
もともとは使用しても問題のない言葉だったのですが、消費者に野菜だけでなく土にも農薬が残っていないものだと誤った認識をされやすかったため、あいまいな表現をしないことを目的に使用が禁じられたという経緯があります。
しかし、これはあくまでもガイドラインなので、抵触したからといって法的な罰則などはありません。
農水省は無農薬野菜の代わりとして、特別栽培農産物という基準を設定します。
これは農薬や化学肥料が一定の規定量に制限されているものを指します。

無農薬野菜は完全に残留農薬がないということをあらわしているわけではありません。
周辺の畑などから飛来した農薬、無農薬野菜の栽培を開始する前に土に残っていた農薬などが、残留農薬として野菜に付着している可能性はあります。
つまり、生産者の意図とは無関係に、農薬が残留していることはあり得るということです。
このことは生産者はもちろん、わたしたち消費者もきちんと認識したうえで選択する必要があるでしょう。
本サイトでは無農薬野菜について、特徴や選び方について見ていきます。
普段の野菜を選ぶ際の参考にしてみてください。